ご挨拶

ビクセス予備校が長年培ってきた教育方針をお伝えいたします

世界中の全ての問題に対する答えは、たったひとつの言葉に集約される。それは、

「絶対学力」

私たちは「すべての教科を通じて、その本質的な理解の基盤には”論理的思考”がある」
という前提に立って「絶対学力」を養う独自の教育を行っています。

そういった”チカラ”を高めることで思い通りの進学はもちろん、
社会に出てからの生きていく ”チカラ”を身につけることができるのです。

現在は、非正規雇用の拡大から納税どころか生活保護を受けている若年層が多くいると聞く。
こうした事態を招いているのは、ある意味教育の責任だと感じています。

教育というのはその名の通り「教え育むこと」。

「なぜ勉強をしなければならないのか」「なぜ大学にいくのか」

社会に出れば様々な困難にぶつかる。その困難な壁を打ち破るか、乗り越えるか、どちらかしかない。
そこから安易に逃げてはならない。その打開策を勉強を通して身につけて欲しい。

皆さんが、社会の中での自分の役割を見つけ、勇気を持ってそれに取り組み、
将来の日本を背負う人材になること。

・・・・・それが私たちビクセス予備校の願いです。

「世界中のすべての問題に対する答えは、たった一ひとつの言葉に集約される」
“それは教育である” 第36代米国大統領 リンドン・ジョンソン

塾長 尾方俊男

ビクセス予備校 -医学部生個別指導塾-
塾長 尾方俊男